image

こどもと何かをするときは 

「キレイに」とか

「キチンと」とか

「ジョウズに」とか

「〇〇はこういうものだ」とか

おとなの思い込みをなくして

視点をこどもに

戻してみよう。

きっと

かけがえのない時が

そこに流れる。

幼児期にしたことは

覚えていないかも

しれないけれど

楽しかった思い出は

「感覚」として残るもの。

それは

生きる希望として

後にその子を

支えていくものなんだ。

「心が楽しむこと」

たくさんしようよ。

スポンサーリンク