今日の Pygmy Outdoor Lifestyle School は遠出をして、上野にある 国立科学博物館 でやっている『 恐竜博2016 』に行ってきました。


Pygmy School の今月のテーマが『恐竜』で、動画観賞→図鑑で調べる→化石発掘ときて、




最後は実際に触れる為に博物館へと足を運びました。


『恐竜博2016』では、「近年にスピノサウルスの研究が進んで、実は陸だけでなく水中に進出していたと推測されている」ということが映し出されていました。


スピノサウルスと言えば、ティラノサウルスと並ぶ史上最大級の肉食恐竜です。


こんなヤツが海にいるなんて。


想像するだけで恐ろしいです。
( ┰_┰) 


#みかちゃんの息子や Pygmy School の男子は恐竜にロマンを馳せており、図鑑や本も恐竜についてのものが多くあったり、


私も何度も恐竜博なるものに足を運んでいるし、


息子のお誕生日には二子玉川から福井県にある 福井恐竜博物館 まで行きましたし、


息子とは「恐竜の名前だけ」のしりとりゲームもするけれど、


私、本日やっと恐竜に少し興味を持ちました。(それでも少し)


今まで全然興味がなくて、恐竜の骨を見ても「へーーー」とその時は少し感動をするけれど、すぐに忘れてしまう感じでした。


それよりも、恐竜を見て驚いている子どもの姿を見るのが好きで、恐竜博を楽しみにしていました。




「例え好きなことじゃなくても、視点を変えてみると好みのことになったりする」という実例ですね。


何で今回恐竜に少し興味を抱いたかと言うと、最近多摩川河川敷で遊んでいるといろいろな鳥が姿を現すのですが、


ジュラ紀や白亜紀にいたエピデキシプテリクスやイーやミクロラプトルが、現生鳥類の祖先と言うことを知り


多摩川河川敷の鳥にロマンを感じたからです。(笑)


ファンタジーと実の世界が結びついた感覚が面白かったのだと思います。


その他、


「138億年前の宇宙の誕生と共に生まれた原子からはじまり、地球も、人間が創りだしたあらゆるものも、全ての生き物も原子でできている」


という原子のコーナーに触れて、原子について久しぶりに思いを馳せ、いろんなことを妄想して楽しみました。


人生が終わるとき、人は単なる原子に戻るのかもしれませんね。


そして、今も愛すべき単なる原子なのでしょう、私たちは。

スポンサーリンク