いつも笑顔の「優しいお母さん」でいたかった。


私のお母さんがしてくれたように


温かい手作りのご飯に


子どもを早寝早起きさせて


「叱らない子育て」なんて本も読んで


いいお母さんになることを


夢見ていた。


だから


子どもを怒る度に、自分を責めて


涙を流して罪悪感を感じた。


私は「いいお母さん」にはなれない


それが悲しかった。


けれどある日


子どもは言ったんだ。


「お母さんはぼくと遊ぶために


生まれてきたんだよ」


それが、この子にとっての


「理想のお母さん」


今私は、子どもと一緒に笑うために


ここにいる。


私は初めて


「理想のお母さん」になれたんだ。


***


『理想のおかあさん』

あの子がまだお腹の中にいたころ

楽しい毎日を思い描いてお腹をなでた。

いつも笑顔の「優しいお母さん」でいたいと思った。

だけど、生まれてから初めてわかることがあった。

こどもは決して「わたしの思い通り」には育たない。

理想とかけ離れた毎日、どなって怒って泣いて、感情があふれだす。

そう 優しいだけのお母さんにはなれなかった。

だけどね、どんなに困っても悩んでも大変でも

あの子のことが大好きで、心の底から愛しているんだ。

上手くいかないことばかりでも、寝顔に謝る毎日でも

あの子への愛は変わらない。

不器用でいい、理想のお母さんになれなくていい。

その不器用さが「愛情」というのだから。

こどもと一緒に育てばいいんだ。


***


『理想のおかあさん』はこちらのフォトブックに掲載されています

スポンサーリンク