今日の Pygmy Outdoor Lifestyle School は午前中に小雨が降っていたのでレインウェアを着て多摩川河川敷で遊びました。


梅雨になりましたよね〜。Pygmy School ではいつでも雨が降ってもいいように準備をしているので、


お弁当を食べる屋根さえあれば梅雨でも変わらずにお外遊びをしています。


雨でも雪でも晴れでも暑くても寒くても、どんな天気だって単なる自然の中にいて起こる現象でしかないので、


より自然(動物とも・・)に近い存在の子どもにとっては、天気の崩れってどうでもいいのですよね(笑)。


しかも、日本は世界において雨の多い国第2位とのことで、東京で言うと 1年の内の 1/3は雨の日なのです。


と言うことは、雨になる度に憂鬱になっているとしたら、1年の中で憂鬱になる日が必然的に多くあるってことなのですよね。


ああ、そんなの何かもったいない〜。
(´△`)


***


午後は昨日収穫してきた梅の作業をしました。


参考記事


おチビちゃんたちが眠っている間に、お兄ちゃんたちと梅のヘタ取りをし、


全員が起きてからは昨日見つけたカブトムシのお家と梅ジュース作りをしました。


※カブトムシのお家です。本も宣伝(*゚v゚*)


梅ジュース作りは消毒した瓶にお砂糖と梅を入れるだけなので、1歳の子とも一緒に楽しむことができますよ〜。


これから毎日の変化を見るのが楽しみです。手作りの良さって、このプロセスも楽しめるところにもありますよね。


※我先に(笑)


子どもも梅ジュースができることも嬉しいと思うけれど、


何かを作ることが楽しかったり、一緒に作業をする感覚が好きだから、こんなにも梅ジュース作りにワクワクさを感じるのでしょうね。


そして、梅の実がなる季節になる度に、きっと私はこの子どもたちの嬉しそうな顔を思い出すのでしょう〜。


(*´σー`)

スポンサーリンク