「こどもを尊重する」とは

存在を認めるってこと。

「こども」や「おとな」いう肩書きをなくして

ひとりの人として向き合うこと。

相手が何歳であっても

意見があっていいことを受け止めること。

まだしっかり話せなくても

聞く耳を持つということ。

「まだ分からないだろう」と思わないこと。

こどもの「くせに」とか

こども「だから」とか

そういう思いをなくすこと。

何歳であっても

気持ちや想いがあることを知ること。

「尊重」は

存在そのものを重んじること。

シンプルなことが大切なんだ。


***

#みかちゃん 著「はじめてお母さんになったわたしへ」

こちらからご購入できます
♡(・ิω・ิ)╭☞



スポンサーリンク