Q.
いつもFBから拝見しております。3歳4ヶ月と5歳10ヶ月の男の子の母です。


最近下の子が嘘をついて上の子のせいにします。例えば、私は普段から「ママのカバン(人のカバン)は開けたりしたら嫌だよ」と伝えていましたが、ある日全部中身を出されそのままになっていました。


なので、「誰がやったの」とたずねると「〇〇(上の子)がやった」「ぼくじゃない」とずっと言い張ります。もちろん、上の子も「ぼくじゃない」といいます。このような時はどうしたらいいでしょうか?


嘘をつく。の記事も読みました。自分が怒られたくないのだと思いますが、人のせいにするのはどう話したらいいでしょう?  


「やってもないのにやった!と言われたお兄ちゃんは悲しいと思うよ。」と言ったようなことは伝えますが(この時は後で上の子が聞いたらやったと言ったので)、それでもまた上の子のせいにします。


叱る自分も、「してない!」「兄がやった!」と言う下の子を信じるべきか、でも「やってない!」という上の子を信じるべきかわかりません。


否定したくないと思ってもどちらかが嘘をついてると思うとどうしたらいいかわからないです。


犯人探しをやめればいいのでしょうか?そうしたら下の子は怒られなくて済む♪ともっと繰り返すようにならないでしょうか?よろしくお願いします。


***


A.
いつも見てくださりありがとうございます。ご質問もありがとうございました!3歳4ヶ月と5歳10ヶ月の男の子、下の子のヤンチャっぷりが伺えます(笑)


これは、まずは誰がやったということよりも、こちらのお母さんは「いつも伝えているのにカバンを開けられたという事実」が悲しかったのはないでしょうか。もしくは怒りを感じたか。


なので、「誰」を探すよりも「ママは悲しかった!嫌だった!」と言う気持ちを2人に伝えてから(湧いた感情のまま伝えると本心が伝わるので子どもに伝わりやすいです)、次の問題へと移られると良いです。


と、言いますか、こちらのご質問の解決は本来もうここで終わりなのです。お母さんの役割は自分の思いを伝えるところにあります。


次は嘘を付かれた上の子と、濡れ衣を着せた(笑)下の子の問題になります。


「やってもないのにやった!と言われたお兄ちゃんは悲しいと思うよ。」といくらお母さんが伝えても下の子には伝わりません。なぜなら、お兄ちゃんの気持ちはお兄ちゃんにしか届けられないからです。


下の子は解っていないのですよ。第三者に悲しいと「思うよ」、と言われてもお兄ちゃんが本当に悲しんでいるかどうかが心に届いていないので、お兄ちゃんの気持ちを理解していないのです。


じゃあ、どうしたら嘘を付かれた人が嫌な気持ちになることを教えてあげられるかと言うと、今回の場合は、濡れ衣を着せられたお兄ちゃんが下の子に怒ればいいのです。


お兄ちゃんが本心を言えば下の子には伝わります。(上記の「湧いた感情のまま伝えると本心が伝わるので子どもに伝わりやすいです」というこれです)


もし、お兄ちゃんが「嘘つかれても別にいいよー」と言うなら、2人の間には問題になっていないと言うことなので、それはそれで良いのですよね。


それと、「嘘をつく」も「人のせいにする」も背景に「自分を守る」があるのは変わりません。


犯人探しを止めて、それぞれの気持ちを聞いてあげること「だけ」をしてみてください。誰がしたかを探すよりも先に、カバンを開けた子の気持ちを聞いてみてください。


下の子が人のせいにする背景には何があるのかを、是非キャッチしてみてください。


きっとそこがこちらのお母さんの引っ掛かっていることなのではないかな?と思います。


それと、もし本気でいけない事だと思ったのなら、本気でぶつかるといいですよ。


犯人なんて誰でもいいから、2人のことを信じて、その上で自分の気持ちを2人に話して、2人の意見も聞いて「双方向のコミュニケーション」を取ってください


「本音を伝え合う」そんな家族になれる、それがヤンチャな下の子がくれる最大のギフトかもしれませんヨ。
(´∀`)


スポンサーリンク