食事のしたくも、お風呂も


片付けや掃除も、洗濯も


こどもの寝かしつけも


毎日の生活だから当たり前にすること。


だけど、自分一人だったら殆どの人はすんなりとできる生活だけれど


小さい子がいるとそうはいかない。


当たり前の生活が送れない「時期」がある。


なぜなら


こどもは決しておとなの「思う通りには動かない」から。


時間の合間をぬって作った食事も、食べてくれるとは限らないし


気持ちいいはずのお風呂を嫌がり入らないときもある。


片付けをするとその側からおもちゃを出すし


きれいに掃除してもすぐに汚す。


洗濯機はあるけれど、手で下洗いしないと服についた汚れも落ちないんだ。


自分で上手に眠れるようになるまでは


本を読んだり部屋を暗くして眠る準備も必要。


疲れきったお母さんはそのまま眠ってしまうことも多い。


自分が働いていようと関係はない


「生きる活動」はやめることはできないんだ。


だけどね、生活も大事だけれど


こどもが育つ中でもっと大切なものがある。


それは、笑うこと。


お母さんが一所懸命に家事をこなそうとするのも


がんばって生活のリズムを整えようとするもの


こどもへの「愛」があるからなんだ。


だから、より良く育つために


この子にとっていい生活とはなにかを考える。


そして、思い通りにできない自分を責めたり、こどもを叱る。


そんな想いはときにしかめっ面をつくりだすんだ。


でもね、どんなにいい生活ができたとしても


その中に笑顔がなければ意味はないんだ。
 

こどもの心は悲しいの。


自分のことでお母さんが大変な思いをしているなんて嫌


小さいこどもだって


「大好きな人に笑って欲しい」


「一緒に笑いたい」って思っているんだよ。


たまにはお弁当でもいいし外食してもいい。


お風呂なんて入らなくても問題ないし、服が汚れていても死にはしない。


家が汚れているときがあってもいいし、寝不足だって大丈夫。


こどもはお昼寝をして上手にバランスをとるものなんだ。


だから、がんばりすぎて疲れちゃったら休もう。


家事なんて放り投げて、こどもと向き合おう。


世間の常識なんて忘れて、心から笑えることをしようよ。


おとなが笑う姿は「人生ってこんなにも楽しいんだよ」と教えているのと同んなじ。


おとなの姿はこどもの未来。


同じ時間を生きるなら、たくさん笑った方がいいじゃない?


「人生って楽しいんだよ」と伝えようよ。



***

#みかちゃん 著「はじめてお母さんになったわたしへ」

こちらからご購入できます
♡(・ิω・ิ)╭☞




スポンサーリンク