今回のクッキングは4月の旬を使ってスープを作りました。


「旬」は季節の中でそのものが1番美味しい時。


旬のものを食べると心と体が喜ぶのは、美味しさの他に


季節を「感じられる」からだと思っています。


今自分がいる場所を感じることは、生きていることそのものの感覚だから


その感覚に立ち戻れた時に、


人は幸せな気持ちになるんじゃないのかなーと思います。


雨の音を聴いた時も


雨という現象に自分の意識が宿るから


「今」を感じやすくなり


雨に癒やされることがあるのですよね。


私は「風」が好きなのですが、何でかというと


風を全身で感じる度に、生きている感覚を覚えるので


幸せな気分になるからです。


「自然」は人に今という意識を向けてくれる良いパートナーなのです。


だからネイティブアメリカンの言葉に


『自然から離れれば、心は頑なになる』


とあるけれど、


これは「"今"から意識が離れると、心は閉じる」と


言っているんじゃないのかなと思っています。


「思考」は過去や未来のもので、「感覚」は今のものだから


頭で考えすぎている大人たちが


自然に五感を刺激されるとリラックスするのも頷けますよね。


忙しい日々の中に「旬」という自然物を取り入れてみませんか?


きっと「今」に意識を戻すことができ


嬉しい気持ちになると思います。





卵焼きもつくったよ♪




スポンサーリンク