親子関係をよくする3つの方法は



〈その1〉

自分の思いを言うだけの「一方通行」じゃなくて


幼児であっても、思春期であっても、


相手にも考えや思いがあることを受け止めて


「双方向」のコミュニケーションをすること。



〈その2〉

「私はこうだから」と「主観を主張」することを目的にするんじゃなくて


どうしたら相手との関係性をよくできるかを目的にして話しをすること。



〈その3〉

理想を捨てること。


親に対しても子どもに対しても「理想」があると、


幻想の中で話しをすることになるから不一致が生まれる。


自分の中で作り出している相手への理想を捨てて


そのままのその人を見ることで


「こういう人だからこう接しよう」と単純な対策が見えるようになる。



〈おまけ〉

相手に執着する間もない程に、自分に一生懸命になること。


自分で自分を幸せにすることができれば、相手への依存心が消える。


そうすると「心の自由」が手に入るから、みんなで幸せになれる。






スポンサーリンク