FullSizeRender


子どもの病気が教えてくれること


それは


「今」を大切にすること


「命」があることの喜び


「日常」の中に幸せがあること


「当たり前」が特別だということ


「存在に」価値があること


最高に嬉しいことは


「あなたが生きている」ということ。


命があるだけでいい


ここにいてくれるだけでいい。


あなたが「存在」するだけで


どんなに周りが嬉しいか


どんなに私の心が喜ぶか


失う前に知ることができたなら


「日常」が「奇跡」なんだと気が付くことができる。


何気ない日々の中では


子どもに期待したり


もっともっとと求めたり


足りないところを探したり


できるあの子と比べたり


何かができることや


してくれることや


人に迷惑をかけないことや


いい子なことに


価値があると思うかもしれないけれど


本当は


「ここにいてくれることだけ」でいいんだよね。


失ってから気が付くなんて悲しいから


たまには思考を停止させて


我が子といる「今」を楽しもう。


感覚という今だけのものに身を委ねて


目の前にいる子の温もりを感じよう。


子どもを抱きしめてみよう


温かいからだと愛あふれる心が


伝わってくるよ。


あなたがここにいてくれるだけで


私はこんなにも嬉しい。


そう、子どもが教えてくれるのは


「ここにいるだけでいい」


「ここにいてくれるだけで私はこんなにも嬉しい」と


「私も」思われてきたということ。


あなたも私も


ここにいるだけでいいんだ。



***



メッセージフォトブック

#みかちゃん 著「はじめてお母さんになったわたしへ」


こちらからご購入できます

↓↓↓

Amazon→ http://bit.ly/1WILU4a


HMV→ http://bit.ly/1qFTYWP



***



~ Pygmy Instagram ~

https://instagram.com/pygmy_jp/


~ Pygmy Outdoor Lifestyle School FUTAKO TAMAGAWA(ぴぐみーアウトドア・ライフスタイル・スクール二子玉川) ~

http://www.pygmyjp.com


~ Facebookページ ~

https://facebook.com/Pygmy.jp/










スポンサーリンク